バネ指


こんなことで悩んでいませんか?


 指を曲げると元に戻らない

 指を曲げると痛みが出て、伸ばすとき痛みとコクンなる

 手術を勧められたがやりたくない

 整形外科や接骨院へ行ったけど良くならない

 注射を打ったが、痛みがまた戻ってきた

 家事をするだけで痛みが走る


つらいですよね。

あなたのカラダは頑張りすぎて悲鳴をあげているんですね。

バネ指のときってどんな症状があるのでしょうか?

 


● 指の付け根に痛みや腫れ、熱感がある

● 朝の起床時が特にひどい

● 曲げ伸ばしで指がカクッと引っかかる

● ハサミを使ったり、包丁を使うときつらい

● 指の付け根あたりにコリコリしたものがあり、押すと痛い

● 指が最後まで握れない


などなど、まだまだたくさんの症状がありますよね。

それだけたくさんの方に、十人十色のバネ指が発症しているということなんです。

その種類には・・・

曲げられるけど引っかかる 

曲げたら引っかかって戻らない 

曲げることも伸ばすこともできないなど


その原因は・・・

加齢出産に伴うもの 

よく使う職業スポーツよるもの 

糖尿病リウマチなど内科的疾患によるもの

繰り返し負担のかかる動作によるものなど

バネ指の場合、その症状は上半身に影響を与える場合があります。

当院ではその原因を探しながらベストな施術をしていきます。


従来の治療法は

①シップや飲み薬 

②低周波などの電気治療器 

③注射や手術など

この他にもみなさんが経験された治療法があると思います。

 

そして、このページをご覧になっているということは・・・

経験された治療がどれも効果がなかった!

ということではないですか?


では、当院の施術はどのようにバネ指をやっつけるのか?

活法は千変万化の戦場で生まれた手技から、さらに進化した碓井流活法整体ではバネ指に対するアプローチが数種類あります。それらを組合せるとさらに数は増えます。

その数はどのタイプのバネ指にもアプローチできるというメリットがあるんです。そして戦国時代からの先人たちの実績数にも裏打ちされています。

 

ぜひ、当院のバネ指の施術を受けてみてください。