パーキンソン病


こんなことで悩んでいませんか?


 手足の動きが悪く、歩くのがつらい

 長い間症状が変わらず、諦めかけている

 投薬が増えていって、不安を感じる

 筋肉のこわばりが取れない

 電車やバスに乗ろうとすると震えが止まらなくなり不安を感じる

 安静時に手足の震えが止まらない


つらいですよね。

あなたのカラダは頑張りすぎて悲鳴をあげているんですね。

パーキンソン病のときってどんな症状があるのでしょうか?

 


● 安静時(静止時)に震えがおこる(安静時振戦)

● 筋肉がこわばる(筋強剛(固縮))

● 動作が遅くなり、小さくなる(無動、寡動)

● バランスの変化に対応しにくい(姿勢反射障害)

● 前のめりの姿勢や小刻み歩行

● 睡眠障害、便秘など


など、いくつもの症状がありますよね。

それだけつらい思いをされているということです。


その原因は・・・

中脳黒質にある神経伝達物質であるドパミン生産量1/5程度まで減少することにより発症するとされています 

 

パーキンソン病の場合、その症状は全身に発症します。

当院ではその原因を探しながらベストな施術をしていきます。


従来の治療法は

①投薬

②経腸療法や外科療法 

③リハビリや鍼治療など

この他にもみなさんが経験された治療法があると思います。

 

そして、このページをご覧になっているということは・・・

経験された治療がどれも効果がなかった!

ということではないですか?


では、当院の施術はどのように五十肩をやっつけるのか?

活法は千変万化の戦場で生まれた手技から、さらに進化した碓井流活法整体ではパーキンソン病に対するアプローチが数種類あります。それらに整神術を組合せるとさらに数は増えます。

戦国時代からの先人たちの実績数にも裏打ちされています。

※パーキンソン病が治癒するわけではなく、施術によって症状が軽くなります。 

あなたのパーキンソン病、当院の施術を受けて楽になってください。