手首や指の痛み


こんなことで悩んでいませんか?


 立上るとき手をつくとズキーンと痛む

 手首が痛くて、髪の毛を一本縛りにできない

 仕事や家事で痛みが増す

 文字を書いたり、ペットボトルのキャップを開けると痛む

 指を曲げようとすると痛みが強くなる、なんだか腫れている感じがする

 タオルを絞るのも痛い


つらいですよね。

あなたのカラダは頑張りすぎて悲鳴をあげているんですね。

手首手指痛のときってどんな症状があるのでしょうか?

 


● 親指を広げたり、動かすと手首の親指側が痛む

● 髪の毛が結べない

● 指にシビレや痛みがある

● 親指に力を入れる動作をすると付け根が痛む

● 指の第一関節や第二関節が腫れたり、変形したり、痛む

● 手首を動かすと痛む


などなど、まだまだたくさんの症状がありますよね。

それだけたくさんの方に、十人十色の五十肩が発症しているということなんです。

その種類には・・・

関節構成する組織変性があるもの 

筋肉など原因があるもの 

ケガ内科的起因があるものなど


その原因は・・・

出産や更年期、手や指の使いずぎによるもの 

仕事やスポーツで手の使い過ぎよるもの 

関節周囲を構成している組織の変性によるもの

繰り返し負担のかかる動作によるものなど

手首手指痛の場合、その症状は首や肩に影響が出る原因にもなります。

当院ではその原因を探しながらベストな施術をしていきます。


従来の治療法は

①シップや飲み薬 

②低周波などの電気治療器 

③痛み止めの注射など

この他にもみなさんが経験された治療法があると思います。

 

そして、このページをご覧になっているということは・・・

経験された治療がどれも効果がなかった!

ということではないですか?


では、当院の施術はどのように手首手指痛をやっつけるのか?

活法は千変万化の戦場で生まれた手技から、さらに進化した碓井流活法整体では手首手指痛に対するアプローチが数種類あります。それらを組合せるとさらに数は増えます。

その数はどのタイプの手首手指痛にもアプローチできるというメリットがあるんです。そして戦国時代からの先人たちの実績数にも裏打ちされています。

 

ぜひ、当院の手首手指痛の施術を受けてみてください。