眼精疲労・目の疲れ


こんなことで悩んでいませんか?


 頭の痛みから吐き気、ひどい肩こりがある

 慢性的な頭痛で、薬が手放せない

 片頭痛がおこる

 眼鏡をかけたり、目を使いすぎると目の奥が痛くなる

 疲れるとかすみ目やピントが合わなくなる

 パソコンやスマホを見ていると目の奥や周囲に違和感を感じる


つらいですよね。

あなたのカラダは頑張りすぎて悲鳴をあげているんですね。

眼精疲労のときってどんな症状があるのでしょうか?

 


● 目が疲れる、ぼやける、かすむ

● 目が痛い、充血する、重い、しょぼしょぼする

● 目がまぶしい、涙がでる

● 肩こりや倦怠感がある

● 頭痛や吐き気、めまいがある

● ストレスやイライラを感じる


などなど、まだまだたくさんの症状がありますよね。

それだけたくさんの方に、十人十色の眼精疲労が発症しているということなんです。

その種類には・・・

問題があるもの 

心身問題があるもの 

環境問題があるものなど


その原因は・・・

近視乱視遠視などによるもの 

神経症ストレスなどによるもの 

過労睡眠不足などによるもの

パソコン作業スマホ照明空調によるものなど

眼精疲労の場合、その症状が出る原因は全身にあります。

当院ではその原因を探しながらベストな施術をしていきます。


従来の治療法は

①目薬や肩を温める

②低周波などの電気治療器 

③痛み止めなど

この他にもみなさんが経験された治療法があると思います。

 

そして、このページをご覧になっているということは・・・

経験された治療がどれも効果がなかった!

ということではないですか?


では、当院の施術はどのように眼精疲労をやっつけるのか?

活法は千変万化の戦場で生まれた手技から、さらに進化した碓井流活法整体では眼精疲労に対するアプローチが数種類あります。それらを組合せるとさらに数は増えます。

その数はどのタイプの眼精疲労にもアプローチできるというメリットがあるんです。そして戦国時代からの先人たちの実績数にも裏打ちされています。

 

ぜひ、当院の眼精疲労の施術を受けてみてください。