緊張・あがり症


こんなことで悩んでいませんか?


 人前に出ると緊張して話せない

 人とまともに目が合わせられない

 人前に出ると喉がカラカラになる

 人前で何か話そうとすると頭が真っ白になる

 人前に出ると声が出ない

 緊張して動きがカクカクしてしまう


つらいですよね。

あなたのココロは頑張りすぎて悲鳴をあげているんですね。

緊張・あがり症のときってどんな症状があるのでしょうか?

 


● 人の視線が怖くて目を見れない

● 誰かに見られているとやっていることに集中できない

● 人前だと顔がこわばって無表情になる

● 言いたいことがあるのに喉がつまったように言えなくなる

● 緊張すると顔や背中にたくさん汗をかく

● ふとしたきっかけでパニックになる


などなど、まだまだたくさんの症状がありますよね。

それだけたくさんの方に、十人十色の緊張・あがり症が発症しているということなんです。

その種類には・・・

人前にでると構緊張感高まり顔赤くなる

緊張によりたくさん汗をかいてしまいハンカチなどがないと落ち着かない 

周囲視線が気になり恐怖震えまいなどを感じる

人前書こうとすると緊張不安震える

緊張して震えたり人前でうまくでない  など


その原因は・・・

セロトニン分泌バランス崩れたことによるもの 

自分見られているということを過剰意識するクセよるもの 

恥をかきたくない自分をよくみせたいというクセによるもの

とにかく人前から逃げるクセによるものなど

緊張・あがり症の場合、その症状は全身に出ることが多くあります。

当院ではその原因を探しながらベストな施術をしていきます。


従来の治療法は

①飲み薬 

②心理療法・認知行動療法

③カウンセリングなど

この他にもみなさんが経験された治療法があると思います。

 

そして、このページをご覧になっているということは・・・

経験された治療がどれも効果がなかった!

ということではないですか?


では、当院の施術はどのように緊張・あがり症をやっつけるのか?

活法は千変万化の戦場で生まれた手技から、さらに進化した碓井流活法整体では緊張・あがり症に対するアプローチが数種類あります。それらを組合せるとさらに数は増えます。

その数はどのタイプの緊張・あがり症にもアプローチできるというメリットがあるんです。そして戦国時代からの先人たちの実績数にも裏打ちされています。

 

ぜひ、当院の緊張・あがり症の施術を受けてみてください。