脊柱管狭窄症


こんなことで悩んでいませんか?


 趣味のウォーキングが痛みのためにできない

 立っているとお尻から足先まで激しい痛みがある

 寝ていてもお尻から太ももの裏側にシビレや痛みが出る

 整形外科や接骨院へ行ったけど良くならない

 痛み止めやシップではつらい痛みがなくならない

 背筋を伸ばすとお尻から足先まで激しい痛みがある


つらいですよね。

あなたのカラダは頑張りすぎて悲鳴をあげているんですね。

脊柱管狭窄症のときってどんな症状があるのでしょうか?

 


● 立っていたり、歩くとお尻から足まで痛みやシビレがある

● 階段を昇るのも降りるのも苦痛

● 歩行中痛みで歩けなくなり、少し休むとまた歩けるようになる

● お尻や下腹部にほてりなどがある

● 残尿感や催尿感がある

● 腰を反ると痛みが強くなり、前屈みの姿勢で楽になる


などなど、まだまだたくさんの症状がありますよね。

それだけたくさんの方に、十人十色の脊柱管狭窄症が発症しているということなんです。

その種類には・・・

脊椎原因があるもの 

神経その通り道などに原因があるもの 

ケガ手術後原因があるものなど


その原因は・・・

加齢により変化したもの 

すべり症起因するもの 

神経 

ヘルニア併発しているものなど

脊柱管狭窄症の場合、その症状が出る原因は腰椎あります。

当院ではその原因を探しながらベストな施術をしていきます。


従来の治療法は

①シップや飲み薬 

②低周波などの電気治療器 

③痛み止めの注射など

この他にもみなさんが経験された治療法があると思います。

そして、このページをご覧になっているということは・・・

経験された治療がどれも効果がなかった!

ということではないですか?


では、当院の施術はどのように脊柱管狭窄症をやっつけるのか?

活法は千変万化の戦場で生まれた手技から、さらに進化した碓井流活法整体では腰痛に対するアプローチが10種類以上あります。それらを組合せるとさらに数は増えます。その中には脊柱管狭窄症に対するアプローチもあります。

その数はどのタイプの腰痛にもアプローチできるというメリットがあるんです。そして戦国時代からの先人たちの実績数にも裏打ちされています。

 

ぜひ、当院の脊柱管狭窄症の施術を受けてみてください。