アゴ周りの違和感・顎関節症


こんなことで悩んでいませんか?


 口を開けると痛みがある

 口を大きく開けると音がする

 口が開けずらい

 マウスピースを使っているが今一つ実感がわかない

 朝起きたとき口が開けにくい

 痛み止めを飲んでも効果がない


つらいですよね。

あなたのカラダは頑張りすぎて悲鳴をあげているんですね。

顎関節症のときってどんな症状があるのでしょうか?

 


● 痛みがある

● 目の奥が痛くなる

● 肩こりや頭痛がひどい

● 耳の奥が痛くなる

● あくびをするのが怖い

● あごが片側に寄っている


などなど、まだまだたくさんの症状がありますよね。

それだけたくさんの方に、十人十色の顎関節症が発症しているということなんです。

その種類には・・・

筋肉関節原因があるもの 

関節構成物原因があるもの 

変形性関節症よるものなど


その原因は・・・

ストレスによるもの 

歯ぎしり歯を食いしばる動作よるもの 

うつ伏せ寝姿勢不良によるもの

ケガによるものなど

顎関節症の場合、その症状が出る原因は全身にあります。

当院ではその原因を探しながらベストな施術をしていきます。


従来の治療法は

①飲み薬 

②マッサージや低周波などの電気治療器 

③生活改善の指導など

この他にもみなさんが経験された治療法があると思います。

 

そして、このページをご覧になっているということは・・・

経験された治療がどれも効果がなかった!

ということではないですか?


では、当院の施術はどのように顎関節症をやっつけるのか?

活法は千変万化の戦場で生まれた手技から、さらに進化した碓井流活法整体では顎関節症に対するアプローチが数種類あります。それらを組合せるとさらに数は増えます。

その数はどのタイプの顎関節症にもアプローチできるというメリットがあるんです。そして戦国時代からの先人たちの実績数にも裏打ちされています。

 

ぜひ、当院の顎関節症の施術を受けてみてください。