外反母趾|東松山で整体ならまろく整体院

外反母趾には外因性と内因性があります。

外因性はハイヒールやサイズの合わない靴を履くことで負担がかかり発症します。

内因性は偏平足やリウマチ、遺伝などが言われています。

ハイヒールの場合4cmの高さで約1.5倍、9cmで約3倍の負荷が足先にかかると言われています。

変形が酷くなると親指が人差し指の下に入り人差し指が持ち上げられるようになったりします。

大きく変形した指はなかなか元には戻りませんが歩行時の痛みを軽減したりなくすことは施術をすることで

できます。

 

どのくらい変形しているかで施術法も異なります。

一度、ご相談ください。