ムチウチ | 東松山で整体ならまろく整体院

交通事故に遭うと首や肩が痛くなったり、腰が痛くなって動かすことも辛い。
そのような症状が長く続くことが多々あります。
・なかなか良くならない
・色んなところが痛くなってきた
・カラダがこわばる
など事故後の症状はつらい状態から続きます。

長く続くのにはカラダの仕組みという理由があります。
1、エネルギーがカラダから抜けない
2トン近い重さの車に当られた時、自車が守ってくれていてもその衝撃エネルギーはカラダの中に残ります。このエネルギーを抜かないといけません。

2、カラダは良い事をしている
追突の瞬間、瞬時にカラダが緊張して衝撃に耐えて大怪我から守ります。これがなかったら首の骨が折れているかもしれません。
カラダは自分に対して良い事をしているので、緊張していることをなかなかやめません。

この2つを解消することで症状は変わってきます。

事故直後、事故から時間が経っても治らない症状がある時はこの2つが
残っていることが多いです。

そんな時はお気軽にご相談ください。