捻挫 | 東松山で整体ならまろく整体院

捻挫といえば足首を思い浮かべますよね。
接骨院などでは関節を痛めたことを捻挫と言います。
首の捻挫、腰の捻挫などです。

足首の捻挫は怪我をしてすぐのものから昔のものまであります。
整形外科でも殆どの接骨院、整骨院でも足首の捻挫は冷やして、湿布、包帯やテーピングをするというのが処置です。

捻挫には損傷度合いによって分類があります。
腫れたり、内出血したり、歩くのも痛かったりと度合いが増すにつれて酷くなります。

そして古い捻挫。
よく、昔捻挫をして以来、時々足首が痛むというお話を伺います。
何故でしょうか?

それは捻挫をした時に包帯などの固定のみの処置しかしてないからなんです。
捻挫をした時、足首の関節にはズレが出ます。
そのズレを整復(矯正)する必要があるのです。
まだ怪我をしたばかりの時に整復をしておけば、治りも早く、後々にも残りません。

もちろん、古い捻挫でも矯正はできます。
人が動き出して、1番最初に着く足ですから身体への影響も大きいです。

気になる方は足の整体をオススメします。