外反母趾 | 東松山で整体ならまろく整体院

外反母趾で親指の付根が靴に当たって赤くなり痛みがある方も多いと思います。
外反母趾の場合、小指が内側に入る内反小指もセットで変形します。
この施術で大切なのは足裏、特に土踏まずから踵側を柔らかくすることと、その場所の骨を調整することです。
指の間に何かを入れて広げたり、キツいテーピングで親指を外に引っ張ったりするとかえって歩行時に痛みが出たりします。

足裏を柔らかくして、骨を調整、そして柔らかいテーピングで矯正することでかなり改善します。
軽い症状なら毎日のセルフケアで治ります。
テーピングは変形に慣れてしまった身体を調整後に慣らすために貼ります。

あなたの外反母趾は当院の施術で楽になります。