事故の怪我 | 東松山で整体ならまろく整体院

交通事故やバイクでの転倒事故など身体の機能に侵されるような怪我をすることがあります。
骨折やムチウチなどその発生状況によって様々ですが入院をしたり、固定をした後に動かせないケースがあります。
関節が癒着したり、筋肉が弱化したり、痛みに伴い脳や身体が拒絶するケースもあります。
ここで事故における身体の第一前提があります。
それは「身体はあなたを守ろうとしている」ということです。
事故の瞬間、瞬時に緊張して頚椎を守ったり、腰や腕を守ったりしています。
身体はあなたにとって守るという良いことをしているので、事故後になかなか柔らかくなってくれません。
この部分は少し時間がかかります。
癒着している場合、肩関節なら剥がす必要がありますし、弱化なら時期を見て筋トレの必要もあります。
今、あなたはどの状態で、どうすれば良いのかを的確に判断することで早期回復に繋がります。
事故の状況をできるだけ思い出してみてください。
そこに痛めた原因が隠れています。