骨休め | 東松山で整体ならまろく整体院

骨休めって何だか聞き慣れない言葉ですよね。
文字通り、骨を休める。
つまり横になるということです。
人間は常に重力に晒されています。
骨も筋肉も縦方向に重力がかかっています。
そのため重力エネルギーから解放してあげる時間がカラダには必要になってきます。
重力エネルギーがかかっていると血液循環にも負荷がかかるし、姿勢を維持するためにもエネルギーを使ってしまいます。
そうしたエネルギーを骨休めは治すことに使ってくれます。

「寝る子は育つ」同様に「寝る人は治る」です。
大人なら8時間以上、子供なら10時間以上骨休めしましょう。

座って休む時間があったら、横になりましょう。