手根管症候群|東松山で整体ならまろく整体院

手根管症候群は絞扼性神経障害の中でもなりやすい症状です。

手の平の神経が通るトンネルが圧迫されることでシビレや痛みが指などにでます。

そこに至るまでの過程で動きが悪くなった筋肉などがいくつかあります。

動かして痛い、対象部位を触ると、動かしても痛くない。

そのように関連する部分を探しながら施術していくことも当院の特徴です。