坐骨神経痛|東松山で整体ならまろく整体院

よく整形外科で、あなたは坐骨神経痛ですねと言われた方が来院されます。
坐骨神経痛の一般的に考える症状といえば
①足の痺れ、痛み
②お尻の痺れ、痛み
③歩く時立ってる時の痛み
などですよね。
痺れや痛みは足裏まで現れている方もいます。
ここで病院ではなぜ、坐骨神経痛と言うのでしょうか?
多くの場合、X線検査をしてその画像を見てから診察になりますよね。
この時、①や②を患者さんが話すと坐骨神経痛になります。
また、X線写真を見て腰椎の間が狭いとヘルニアと言われることもあります。
ところが施術を始めると頭を触ったら痺れや痛みが軽減した、背骨を触って楽になったなど、腰以外に原因があることが多いんです。

ですから、病名が付いたから、症状がよく似ているからと言って坐骨神経痛なんだと思いすぎないようにしてください。

身体はその時、必要な変化をします。
身体は自分で良くなるように変化します。